気を巡らせて免疫力UP

最終更新: 12時間前

  中医学では、花粉やウイルスなどの外敵を外邪(がいじゃ)とし、外邪から身を守る力を「衛気(えき)」と呼んでいます。 衛気は体の表面(鼻やのどの粘膜、皮膚など)にバリアを張り巡らせ、ウイルスなどの侵入を防いでくれる免疫力で、体の中から抵抗力を高める「補気」=気を補うことが重要です。  気は朝つくられ、夜にたくわえられるので早寝早起き、食事・運動・休養のバランスを良くし、自然と調和して生きる事が大切です。


 また、胃の機能を高め、気を補い巡り良くする事が大切です。中医学では医食同源とされますので、おすすめ食材をご紹介します。尚、脂っこいものや冷たいものを控え温かいもの意識的にとる事でも気が補われます。 【気を補う食材】 玄米、もち米、大麦、小麦、そば、トウモロコシ、大豆、えんどう豆等の穀物、

脂肉魚類、椎茸、人参、芋類(山芋・じゃが芋・里芋・サツマイモ・南瓜)、キャベツ、

林檎、ブドウ、サクランボ、イチゴ、イチジク、銀杏、栗、梅、クルミ、ヤシ、はちみつ、高麗人参、蓮の実、松の実、棗、ハト麦、リュウガン

【気を巡らせる食材】  春菊、セロリ、キャベツ、ニラ、ネギ、生姜、ニンニク、パクチー等の香りのあるものでシャキシャキと食感のあるものがはストレスによって滞る気を巡らせるのにうってつけです。  

その他、小松菜、らっきょう、大根、柑橘類(みかん・グレープフルーツ・柚子・金柑)、キウイ、ライチ、八角、フェンネル等


【肺のバリア機能を高める食材】 「肺」は呼吸器系の他、体温調節や体液の代謝を司り、衛気のバリアを全身に張り巡らせる働きがあります。

 大根や生姜、長ネギ等の辛味のある素材は風邪の予防に効果的です。乾燥は肺に負担をかけるため、潤す事が大切とされます。白い食材と甘みや酸味のある食材は乾燥を防ぎ潤いをつけながら肺を養います。


白胡麻、白きくらげ、蓮の実、ゆり根、山芋、松の実、栗、クルミ、南瓜、蓮根、人参、バナナ、棗、クコの実、はちみつ等


0回の閲覧

©2020 by A-Smile. Proudly created with Wix.com