夏の養生~外邪(湿邪熱邪)~

 夏は春に生まれた動植物がすくすくと成長する季節で、陽気に満ち溢れ、植物は鼻を咲かせ葉を茂らせます。


 体内では気血の巡りや新陳代謝が活発になります。夏の暑さを嫌がらずに、日中、特に日が高くなる前の午前中はしっかりと活動しましう。イライラや不安をもつよりも、気持ちを外に向けて楽しく過ごす事が大切です。  夏の三か月を蕃秀といい、天地の木が交わり万物が反映し、華やかで美しくなるという事をあらわしています。新鮮な空気を吸い、朝日を浴びて運動し、体内の老廃物を排泄することで、新陳代謝も高まります。花が咲くように朗らかに過ごしましょう。この法則に逆らうと秋と冬に咳の症状や病気が重なると言われます。 【夏の養生ポイント】

①暑邪、湿邪を防ぐ  夏の外邪(免疫力のブログ御参照)を暑邪、湿邪と言います。水分は少量を小まめにが原則で、冷たいものの飲みすぎには注意が必要です。

暑邪による症状: 汗かき、口の渇き、夏バテ、熱中症、鼻血、皮膚の赤み  

湿邪による症状: むくみ、だるさ、口の粘つき、食欲不振、関節の腫れと痛み

②心、脾を助ける

 夏野菜や苦味のある季節の食材は心のケアになり、果物の酸味と甘味は発汗で失ったうるおいを取り戻します。冷えすぎないように適度に取り入れましょう。胃腸の弱い人は紫蘇や生姜茗荷等の薬味を上手に使うと良いです。ウリ科の野菜や豆類、穀類は水の巡りを良くして、脾を元気にしてくれます。

雑穀、豆類、芋類、南瓜人参、椎茸、トウモロコシ、棗、高麗人参等は気を補い巡らせ水分代謝も良くします。その他の夏野菜、ゴーヤ、菊花、梅、グレープフルーツ、酢、山査子等

 また、軽いウォーキングやヨガや気功等の呼吸とともにゆっくりと身体を伸び縮みさせる運動は気の巡りを良くします。呼吸法、瞑想、耳マッサージもおススメです。


0回の閲覧

©2020 by A-Smile. Proudly created with Wix.com