夏の養生~暑さと湿度~



立夏から始まって、小満、芒種、夏至、小暑、大暑を経て立秋までの3か月間を夏と言い、古来、夏の3ヶ月を「蕃秀(ばんしゅう)」と言い、蕃秀は「天地の気が交わり万物が繁栄し、華やかで美しくなる」ということを表しています。


新鮮な空気を吸い、朝日を浴びて運動し、体内の老廃物を排出することで、新陳代謝も高まります。焦ったり怒ったりしないように注意し、花が咲くようにほがらかに過ごすことが大切です。夏の養生を怠ると秋には咳の症状が表れ、冬に病気が重なるとされ、冬病夏治といって冬の慢性病や陽気不足の病気は夏の養生によって好転すると考えられています。


夏の養生のポイント:


① 暑邪・湿邪を防ぐ


夏は湿度が高く蒸し暑いのが特徴です、心身に悪影響を与える暑さを暑邪、湿気を湿邪といいます。暑邪は汗として水分を発散させ、体内のエネルギーも消耗させるので熱中症のような症状があらわれます。こまめに水分と栄養を補給する事が大切です。水分の取り方としては「少量を早め、こまめに」が原則で、冷たいものの飲みすぎには注意が必要です。

また、湿邪によって余分の水分が体内にたまると、胃腸の症状や痛み、だるさがあらわれます。寝具はなるべく乾燥させて、部屋も風通しよく過ごすと良いでしょう。冷房を使いすぎると冷えすぎて冬の不調に繋がります。首や腰、足首は冷やさないように注意しましょう。

軽く汗が出るくらいのヨガやランニング、ぬるめの半身浴は体内の熱を排出します。


(暑邪による症状)

汗かき、口の渇き、夏バテ、熱中症、鼻血、皮膚の赤み


(湿邪による症状)

浮腫み、だるさ、口の粘着つき、食欲不振、関節の腫れと痛み


②心・脾を助ける。


夏の暑さは心、湿気は脾(胃)に大きな負担をかけます。冷たいものや刺激物を取り過ぎないように注意しましょう。夏野菜は自然な形で体内の熱を冷まし、水分代謝もよくしてくれます。なるべく消化のよいものを食べるようにして、夜に寝苦しい時などは、日中に少し昼寝等すると回復力が高まります。水は心の熱を冷ましてくれるので、川辺等のお散歩も良いです。


(心・脾にあらわれる症状)

動悸、血圧上昇、不眠、軟便、下痢、口のまわりの吹き出物、食後の眠気


③夏におすすめの食材


夏野菜や苦味のある食事は、身体の余分な熱を冷ましてくれます。また、果物の程よい酸味と甘味は、汗のかきすぎを抑え、発汗で失った潤いを補います。冷えすぎないよう適度にとり入れましょう。お年寄りや胃腸の弱い人は身体を冷やし過ぎないように、紫蘇や生姜等の薬味を上手に使うと良いでしょう。ウリ科の野菜や豆類、穀類は、水のめぐりを良くして脾を元気にしてくれます。


☆清熱・利水:身体の熱を冷やし、水分代謝を上げる。

はとむぎ、緑豆、南蛮毛(トウモロコシの髭)、トマト、ナス、キュウリ、冬瓜、さやいんげん、緑豆もやし、すいか、紫蘇、山椒、パクチー、陳皮、蓮の葉、蓮の実等


☆苦味をとる:体内にたまった熱をとって、心を健やかに。

(食材)苦瓜、菊花、茗荷等


☆酸味をとる:梅・グレープフルーツ・酢・山査子等


☆補気:元気を補う食材をとる

雑穀・そら豆・枝豆・あずき・イモ類、南瓜・人参・椎茸・トウモロコシ・鰻・ナツメ・高麗人参等


☆おすすめのお茶:緑茶、ハト麦茶、ごぼう茶、金銀花、白牡丹、等


☆☆控えた方が良いもの:

アイスや冷えたビール等冷たい物の摂り過ぎ、刺激の強い激辛料理や多量のニンニク、揚げ物や脂身の肉類等は控えめにすると胃に優しいです。胃腸に優しくがポイントです。スイカには天然塩、胡瓜は味噌と、昔ながらの食べ方がおすすめです。


④おすすめの調理法

お粥、リゾット、スープ、蒸し野菜等で揚げ物やあぶらものは避け、胃を冷やさないように温める事が大切です。インスタグラムに夏の養生食を投稿やストーリーズにUPしますのでフォローして頂けると嬉しいです。 ⑤おすすめのレシピ本


夫でサッカー選手の山瀬功治(元日本代表)のために考案した明日のためのアスリート飯、通称「アス飯(めし)」。日々の体づくり、試合直前のスタミナ補給、回復力アップなど、さまざまなスポーツシーンによって必要な食事が分かるように構成。アスリートはもちろん、運動習慣のある人や運動系クラブ活動に励む子どもたちにおすすめしたいレシピ85品と栄養へのアドバイスも掲載しています。炎天下に長時間大量の汗と体力を消耗するアスリートの食事は夏バテ対策にうってつけ、昨年は生徒さま達と一緒にアス飯レシピで夏を元気に過ごせました。 著者の山瀬理恵子さんは江上料理学院でフードコーディネーターの資格を学んだ際の同期で、今では植物化学の師匠です。彼女勉強量は凄まじく、HP内ブログの免疫メモは頻繁に更新されていて、小まめにチェックして勉強させて頂いてます。


また、梅雨から夏にかけて森林セラピーを行うことで身体の免疫力をアップさせる絶好のチャンスと言われています。雨の多いこの時期、森の中はマイナスイオンやフィットンチッド成分に溢れ、体内にマイナスイオンやフィットンチッドを取り入れると体内の免疫力が強化されるので、季節の変わり目に体調を崩しにくくなる体質改善が期待できるそうです。 皆様にとって健やかでHAPPYな夏になりますように。 文香

28回の閲覧0件のコメント